読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TREC

TRIP(旅・散歩)+RECORD(記録) 酩酊30代のぽんこつ1号と2号の夫婦。元バックパッカーの街の記録。 最近はクラフトビールや断捨離やミニマリストの上辺だけブーム。イアンマッケイ先輩ヨロシクな、なんでも自分でやってみたいDCハードコア精神は少しだけ継承。私生活はGANGGREEN meets AGNOSTIC FRONT。

クラフトビール図鑑56杯目【エレクトリック インディア】

f:id:kumabeer:20170423084148j:image

【生産国】スコットランド

【購入場所】イオンリカー

【価格】¥432

【種類】SAISON

【総評】季節がらかセゾン多いね。飲み口は甘く、トロピカルな感じ。スッキリとした後味の最後に下に刺激がくる。これが良い感じ。ハチミツと赤コショウが隠し味。相変わらず面白いブリュードッグ。本当にピリピリして癖になる。

【身近なビール(よなよなエール)との比較】一応エールの括りなので比べるが全くの別物。香りも強くコショウが良いアクセントになっている。

【飲みながら聴きたい音楽】MAKE UP(フロムディスコード)

youtu.be

【飲むのにピッタリな場所・シチュエーション】川辺で折りたたみイスに揺られながら

お題「好きなビール」

クラフトビール図鑑55杯目【センテニアルIPA】

f:id:kumabeer:20170422084438j:image

【生産国】アメリカ

【購入場所】イオンリカー

【価格】¥540

【種類】IPA

【総評】Fromファウンダーズ。ただただ爽やかなIPA。スタンダードな感じだけどとても美味しい。こーゆー定番だけど美味しいビールは鬱々とした気持ちをスカーっと緩和してくれる。とても気持ちが晴れやかになる。

【身近なビール(インドの青鬼)との比較】かなり近い感じ。ただ飲み口はまろやかで優しい。

【飲みながら聴きたい音楽】TED LEO

【飲むのにピッタリな場所・シチュエーション】長時間の電車移動中の長い長い乗り継ぎ待ち時間中に

お題「好きなビール」

クラフトビール図鑑54杯目【モダス ホッペンラディ】

f:id:kumabeer:20170419231249j:image

【生産国】アメリカ

【購入場所】イオンリカー

【価格】¥410

【種類】IPA

【総評】まず大切な事はSKAブリューイングって醸造所の名前。いやレーベル名と言ったほうが今回は良いだろう。2TONEよろしくなそのパッケージから飲む前にスカダンスを踊っていた事は言わずもがな。味ですがパッションフルーツやグレープフルーツの香りも豊かで飲みやすい。IBUは書いてないけど60

くらいのビールと同じくらいの苦さに感じた。美味しいね!

【身近なビール(インドの青鬼)との比較】苦さは同等か少し苦いくらい。香りは強くも飲みやすい。

【飲みながら聴きたい音楽】当然のSPECIALS

youtu.be

【飲むのにピッタリな場所・シチュエーション】踊り疲れたらどうぞ。

お題「好きなビール」

クラフトビール図鑑53杯目【一番搾り若葉かおるポップ】

f:id:kumabeer:20170419230956j:image

【生産国】日本

【購入場所】セブンイレブン

【価格】¥288

【種類】Lager

【総評】これまたクラフトビールではないけれど、季節限定らしいので当然飲む。グランキリンなどで味のバリエーションを増やす事に見事に成功しているキリン。特にすごいのがこの一番搾りのバリエーション。全部一番搾りの味なのに全部少し違う。これもそう。心なしか軽く甘め。

【身近なビール(キリンラガー)との比較】ラガー、普通の搾りより軽めで爽やか!だけど間違いなく一番搾りだったのだ。

【飲みながら聴きたい音楽】竹内まりや

【飲むのにピッタリな場所・シチュエーション】リビングなど

お題「好きなビール」

クラフトビール図鑑52杯目【デッドポニークラブ】

f:id:kumabeer:20170318080334j:image

【生産国】スコットランド

【購入場所】近所の酒屋

【価格】¥398

【種類】Session Pale Ale

【総評】ブリュードッグの定番ライン、シトラスの香りも気持ちが良い。調べてないですが、セッションって書いてあるとどれもアルコール低め。ジャイアントカプリコやイチゴなどお菓子やフルーツが合う。

【身近なビール(よなよなエール)との比較】より柑橘系の香りが強い。軽いのでバカスカ飲める。

【飲みながら聴きたい音楽】Aztec Camera

youtu.be

【飲むのにピッタリな場所・シチュエーション】土曜の朝のキッチン

お題「好きなビール」

クラフトビール図鑑50杯目【レーベンブロイ】

f:id:kumabeer:20170416101845j:image

【生産国】ドイツ

【購入場所】ドン・キホーテ

【価格】¥216

【種類】Pirsner

【総評】クラフトビールではないけれど、初めて飲んだドイツビールがこれ。なんか思った以上に普通だなぁなんて飲んでたけど、改めて飲むととてもバランスが良い。程よいキレと甘みも感じられ食事にも合う。

【身近なビール(キリンラガー)との比較】よりまろやかで甘い飲み口。ヨーロッパのピルスナーって感じ。ハートランドに近いはず。

【飲みながら聴きたい音楽】CAN

youtu.be

【飲むのにピッタリな場所・シチュエーション】ホテルの朝食ビュッフェで飲みたい

お題「好きなビール」

クラフトビール図鑑49杯目【僕ビール、君ビール】

f:id:kumabeer:20170416101714j:image

【生産国】日本

【購入場所】ローソン

【価格】¥238

【種類】SAISON

【総評】セゾンなんてジャンル最近まで知らなかった。調べてみるとベルギーの農場で働いている人の喉の渇きを潤すために農家が冬に仕込むビールとの事。(ベルギーは当時生水は飲めたもんじゃなかったらしい。)そんな背景で作られた多分労働者の為のビール。良いじゃない我々にピッタリよ。

ちなみに定義はなくアルコール分そこそこで苦味があって飲みやすいのが多いらしい。つまりは自由。

いいね、自由って。このビールはかなり爽やか、ヤッホーブリューイングらしいっちゃらしいけど既定路線な味付け。安心して飲める。

【身近なビール(よなよなエール)との比較】苦味が強くなっている。あと香りは女の子受けしそうな少し甘い感じ。

【飲みながら聴きたい音楽】ゴーストマイス!

youtu.be

【飲むのにピッタリな場所・シチュエーション】公園でピクニック。できればコップに注いで飲みたい。

お題「好きなビール」