TREC

ロジャーと言えばミレット。海賊王ではない。

クラフトビール図鑑171杯目【】

f:id:kumabeer:20170812082759j:image

【生産国】日本

【購入場所】コンビニ

【価格】¥300はしなかったような

【種類】ヴァイツェン

【総評】夏ごろに飲んだんで価格は覚えてないけど味は覚えている。ポーラナーやエルディンガーに近い程よいバナナな小麦ビール。バランスはよく味の濃い料理かホイップクリームのお菓子と非常に相性が良いはず。

【身近なビール(水曜の猫)との比較】こっちのがドイツっぽい小麦ビールって感じ。バナナビールが好きなら気に入るはず。

【飲みながら聴きたい音楽】Steely Dan

【飲むのにピッタリな場所・シチュエーション】牧場

お題「好きなビール」

クラフトビール図鑑170杯目【ピーチエール】

f:id:kumabeer:20170812083200j:image

【生産国】日本

【購入場所】郡山か仙台か盛岡のどれか

【価格】¥500くらい

【種類】Ale

【総評】めっちゃフルーティなアメリカやイギリスのフルーツエールと比べるとちょっと肩透かし食らってしまう。味付けていどなピーチ感だった。

【身近なビール()との比較】比較対象なし

【飲みながら聴きたい音楽】LKJ

【飲むのにピッタリな場所・シチュエーション】桃園空港

お題「好きなビール」

クラフトビール図鑑169杯目【ビターアンドツイステッド】

f:id:kumabeer:20170702090956j:image

【生産国】スコットランド

【購入場所】信濃屋か成城石井

【価格】¥500前後

【種類】Golden Ale

【総評】ゴールデンエールとあるがデリリウムとは違って爽やかな感じがある。ゴールデンエールってスタイルかとおもっていたけど違うのかな。少し柑橘系な苦味と酸味があるけど良いアクセントでとにかくサラっと飲める。

【身近なビール(よなよなエール)との比較】昔のよなよなエールのが近い感じかな。新しいのほどアメリカンな味はしない。どちらかというと古きよきイギリス系って感じ。

【飲みながら聴きたい音楽】4人組

【飲むのにピッタリな場所・シチュエーション】出来ればスコットランドのパブで飲みたい。

お題「好きなビール」

箱根からの名古屋。名古屋と台北【17町目】

今月、箱根に行く。

夏にも箱根に行った。

 

この前の夏は各駅電車で行った。

色々と理由があってなんて事は無い。ただ金が無いのだ。

 

朝早めに起きてサンドイッチ作って、俺は10ℓくらいの小さなバックパック。

2号はハイキング用の30センチ幅くらいのサブバック。

 

新宿へ出るくらいなら、いっそのこと下北まで歩こうか、なんて話になって朝から30分歩く。

外は快晴。気持ち良い位に空は青くて、ご他聞にもれず酷暑。

超暑いんだけど30分なんてあっという間で、すぐに駅に着く。

小田急のホームは地下深い、けど明るい。

 

1時間30分くらい学生やサラリーマン、デートに行く途中の女の子とか色々いて、2号と話なんかしていたら、あっという間に小田原に着いた。

 

小田原から箱根に行くには箱根登山鉄道というのに乗る必要があって、これが意外に高い。

高いといっても、値段設定は普通だし安くないという感じなのかもしれないんだけど、高い。

 

f:id:kumabeer:20170906103355j:plain

 

今回の箱根の目的は湯葉丼。

 

前から気になってたんだよね。

 

箱根はしっくり来ない名産品がやたらとある。

温泉、温泉饅頭、自然薯そば、かまぼこ、つけもの、わさび漬け、エヴァンゲリオン、何故かコーヒーに蜂蜜なんかも大手を奮って駅前に名産として顔を連ねている。

で、今回の目当ての湯葉

なんで湯葉?って感じだけど名産品なのだ。

 

直吉というお店へ行く。

 

店の外には足湯があって子供や女性が楽しんでいる。

お店の玄関をくぐるとすでに人の山、やま、山。

入り口の横に整理券を発見するマシーンとMasked Intruderのアメリカンポリスにそっくりな店員さん(わりとマジで似ている)が説明してくれる。

 

とりあえず40分待ちらしいんで整理券もらって順番が近付いたら携帯に電話してくれるらしいんでブラっとすることにした。

 

しばらくすると電話が鳴った。

味気ない音声通話でもうすぐだから遅れないようにね!って。

 

お店に戻って扇風機だけの玄関でそっから30分待った。

予想以上に回転が遅かったみたい。

ようやく呼ばれて店内に入ると箱根の清流ばりに涼しくて快適。

ラッキーなことに窓際の席で、川をちょぴっと覗きながら食事が出来た。

とりあえずエビスの生があるってんで2杯頼んで湯葉刺をもらった。

 

f:id:kumabeer:20170906103803j:plain

 

1口食べて名物だと直感した。

なんで湯葉?とかいってすいませんでした。

 

美味しい。

湯葉丼もやってきた。

とんでもない高温で煮えたぎってきたコイツがまた美味い。

 

f:id:kumabeer:20170906110429j:plain

 

あっという間に食べ終わって窓の外を観ると人力車。

これもしっくり来てない名物だったけど、今はなんかアリな気がした。

会計済ましてあとは温泉三昧。

 

翌朝ホテルのバイキングで自然薯食いまくって家に帰る。

 

家に帰るんだけどやっぱ1泊の旅行は物足りない。

 

だから、準備していたのだ。

続きを。

 

家に帰って仮眠を取ったら深夜バスで名古屋へ行く。

家に帰ってからの計画は完璧だったんだけど、帰る前に早くも下北で降りて駅前の餃子屋で一杯やっちゃう。

そっから家に帰ったのは15時くらい。

洗濯して仮眠を取ると21時になっていた。

洗濯物も半分くらい乾いていて、下着の代えを新しくして準備をした。

煎餅とウイスキーを2人で飲んで23時ごろに出かける。

 

夜の散歩は気持ちが良いしワクワクする。

酔っ払って帰る人達を尻目に新宿に向かう。

我々も酔ってはいるんだけどね。

バスタにつくと人が多い。これから出かけるのか、帰るのか。

 

 

f:id:kumabeer:20170906111954j:plain

 

バスで寝るのは久しぶりで高速の合流レーンの下のぼこぼこがスゲー揺れてびびる。

びびったんだけど気が付くと寝てて、起きたら名古屋だった。

 

ささしまライブって変な名前のバス停で降ろされる。

コンビニでトイレ借りて歯も磨いた。 

本当は名古屋モーニングを堪能しようと思ったんだけど、朝6時前じゃ早すぎてどこもやってない。

唯一開いてそうな朝市に行くことにした。

この後はひたすら食べまくるという日帰りらしい10時間を駆け巡る。

そしてここからは記憶もあいまいで写真だけが頼り。

 

きしめん

f:id:kumabeer:20170922125008j:plain

中トロ丼f:id:kumabeer:20171212105039j:plain

 

市場から出ると次はモーニングを食べに地下鉄1日券を購入し八百屋へ。

ジュースを頼むとこれがまず通された。

f:id:kumabeer:20170922124903j:plain

 

ジュース(いちごとマンゴー) 

f:id:kumabeer:20171212104627j:plain

 

腹ごなしに謎のアスレチックへいき1分くらい滑れるコースターで遊ぶ。

f:id:kumabeer:20171212104659j:plain

 

腹が減ったので餃子と台湾まぜそば。これは激辛で2号に頼った。 

f:id:kumabeer:20171212104711j:plain

 

また移動して途中で出会ったエクストリームノイズテラー(写真右)

f:id:kumabeer:20171212104719j:plain

名古屋駅に戻り散歩をすると名古屋は地下街が広い。そして非常に整備されていて面白い。地上出口は○○号と数字で分けられていて何処かと似ているなと変な気持ちを2人で歩きながら台北と全く同じだったと気が付いた。

台湾ラーメンといい地下街といい何か縁でもあるのだろうか。

興味があったけど時間もないんで調べずに次の店へ。

 

名古屋コーチンを食べていなかった。

f:id:kumabeer:20171212104731j:plain

 

から揚げも食べた。

f:id:kumabeer:20171212104745j:plain

そのあとスーパー銭湯で汗を流しビールをまた飲んでもう一度名古屋駅近辺に戻る。

どて煮や味噌おでんを食べてバスの時間がきた。

f:id:kumabeer:20171212104753j:plain

さくら交通のマッサージ付きのバスが1人4000円もしなかったのに超快適で速攻で就寝。

朝起きると、カラスと旅行者がチラホラのバスタから家路を目指して帰るところだった。

 

f:id:kumabeer:20171212104802j:plain

 

とにかく名古屋はビールばっか飲んで飯も美味いし良い街だった。

クラフトビール図鑑168杯目【白ビール】

f:id:kumabeer:20170604092122j:image

【生産国】日本

【購入場所】コンビニ

【価格】¥300くらい

【種類】Ale

【総評】随分前に撮影したので詳細は覚えていないが中々美味しかった記憶がある。横にシュークリームがあったのでデザート合った気がした。調べてみると副原料を使わずに柑橘の香りをだしているらしい。みんな色々と考えてやっているんだなぁ。

【身近なビール()との比較】比較対象なし

【飲みながら聴きたい音楽】Clash

【飲むのにピッタリな場所・シチュエーション】おやつと一緒に

お題「好きなビール」

クラフトビール図鑑167杯目【上馬ビール ヘレス】

f:id:kumabeer:20171015090151j:image

【生産国】日本

【購入場所】もらい物

【価格】¥不明

【種類】Lager

【総評】これも美味しい。けっこう美味しい。スッキリなんだけど味がしっかりしていて良い。他のスタイル同様オーガニック100%。

【身近なビール(キリンラガー)との比較】ラガーってよりレーベンブロイって感じ。ドイツビールへの愛が感じる。

【飲みながら聴きたい音楽】Throttle

【飲むのにピッタリな場所・シチュエーション】砧の公園

お題「好きなビール」

【ぽんこつレシピ】8品目:ぶり大根と趣味

どんどん寒くなる。
最近写真を撮ることが楽しくなってきたので、またカメラを買った。
今年の頭に良いカメラを買っていたのだが、これはこれは良いカメラで何を撮ってもかなり良い写真になってくれる凄い奴だ。
いまも、このカメラでたくさん写真を撮っているわけなのだが、なにぶん扱いがぞんざいなので少しずつ傷つき始めた。
写真が撮れれば良いやと思っているので別段気にしていなかったんだが、2号に『もう少し大事にしてあげれば』って言われたのでこっそり新しいのを買った。
ヤフオクで1800円で買ったカメラで、畑とかでバシバシ撮れてとても調子が良い。
乾電池で動いてギラギラな写真が撮れるトイカメラってやつなんだけど良いねこれも。
もともと写真は安いデジカメばっかで撮っていたのだが、ここ最近のこれはもう本格的な趣味と呼んでしまっても良いのかも知れない。
今まで我々の趣味と言えば飲酒、旅、泥酔しながらライブハウスやクラブなどの盛り場に行く程度だったのだが、此処へ来てぐっとまともな人間になれたような気がした。
人間とはよく深い生き物でここまでくると更にもうひとつ趣味を増やそうかと思うのが世の常で俳句なんかやってみようかななんて思って調べてみるも、俺のこの気持ちを17文字に収めることなんか出来るはずも無く面倒くさかったので辞めた。
そんな事を考えていたら腹は減るし、空は暗くなってくるもんだから冷蔵庫を覗いてみると大根が2本、白菜が2つ、パプリカやオクラにごぼうとにんにくの芽、にんじん、じゃがいも、玉ねぎなど充実したラインナップがあり心が躍った。
冷凍庫にはこのまえスーパーで買いだめした鰤、鱈、鮭などが豊富に入っており、わくわくしながら夕餉の支度をはじめたときに料理も趣味だった思い出した。
 
今日のレシピ
【ぶり大根】

材料

大根 1/2本
ぶり 2切れ
ゆでたまご 2つ(おこのみで)
しょうゆ 好みで
日本酒 ショットグラス1
昆布 1枚
水 具材が浸かるくらい
しょうが スーパーの刺身コーナーでもらえる奴を1つ
作り方
  1. 大根は3㎝くらいの厚さに切って皮を剥く
  2. 半円が好みなら切ってみるといいよ
  3. ぶりは1切れを3等分にする
  4. ぶりを熱湯にくぐらせて氷水で〆る(汚れを取るだけなんで面倒なら飛ばしても良いと思う。俺は酒もしょうがも多く入れるんでこの作業を飛ばすときもある)
  5. 大根と調味料を全部入れて大根がひたひたになるくらい水を入れる
  6. 10分くらい煮込む
  7. ぶりとゆでたまごを投入して蓋をして酒を一回しいれて煮込む
  8. 弱火~中火で20分くらい煮るが様子をみて火加減は丁寧にやっておく
  9. 火を止めてちょぴっと寝かせて完成

f:id:kumabeer:20171209104733j:plain

 

簡単でおいしくて日本酒がばかすすむ。

ねぎをいれても美味しい。これもまた酒が止まらなくなる。