読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TREC

TRIP(旅・散歩)+RECORD(記録) 30代のぽんこつ1号と2号の夫婦が世界中の街に足跡を残していく記録。 更新頻度は出かけた毎。範囲は気分。

7杯目【GO WEST IPA】

お酒

f:id:kumabeer:20170307222133j:image

【生産国】アメリカ

【購入場所】成城石井

【価格】¥400

【種類】IPA

【総評】これは美味いです。500円で買えるIPAの苦味強い奴では3本の指に入る。パッケージも動物好きな2号の評価が高い。めっちゃオススメの一本。

【身近なビール(インドの青鬼)との比較】苦味が強く個人的にはIPAど真ん中のイメージどおりのビール。ホップも効いていて飲み応えもある。

【飲みながら聴きたい音楽】AGNOSTIC FRONT

【飲むのにピッタリな場所・シチュエーション】ライブに出かける前のリビング

 

お題「好きなビール」

6杯目【CHEERS】

お酒

f:id:kumabeer:20170307222359j:image

【生産国】タイ(多分)

【購入場所】タイのコンビニ

【価格】¥120程度

【種類】Lager

【総評】コンビニで比較的簡単に手に入る。チャンやシンハよりも安くLEOと同様お財布にやさしい良い奴。1号は好きだが2号は少し甘く感じてしまう。

【身近なビール(キリンラガー)との比較】アジア圏のビールは少し甘い。ハイネケンやグローリッシュなどのヨーロッパのラガー・ピルスナーに近い。炭酸弱め。

【飲みながら聴きたい音楽】Mr. Flagio


MR FLAGIO - TAKE A CHANCE (ITALO DISCO) FULL HD

【飲むのにピッタリな場所・シチュエーション】屋台、夜市の路上

 

お題「好きなビール」

5杯目【台灣啤酒】

f:id:kumabeer:20170307222658j:image

【生産国】台湾

【購入場所】台湾なら何処でも。日本だったら笹塚の台湾物産館

【価格】¥120

【種類】Lager

【総評】暑い国にはピッタリな軽いビール。台湾には複数銘柄あるが総じてキリッとしていて美味い。台湾の屋台には日本語も多いので安心して注文しよう!

【身近なビール(キリンラガー)との比較】ほんのり甘さを感じるがキレがあり屋台料理との相性完璧。

【飲みながら聴きたい音楽】SCAFULL KING


Scafull King / LUNCH IN THE JAIL

【飲むのにピッタリな場所・シチュエーション】屋台、フェス

 

お題「好きなビール」

3・4杯目【(左)ビアラオ(右)チャン】

f:id:kumabeer:20170307223033j:image

【生産国】(左)ラオス(右)タイ

【購入場所】新宿駅から靖国通りに抜けるどっかの道のタイ料理屋

【価格】¥900前後の記憶。現地だと¥100

【種類】(左)(右)共にLager/Pilsner

【総評】ラオス唯一といっても差し支えない老舗とタイの大人気銘柄。どちらもコクがあり少しだけ甘みがある。ビアラオには米が入ってるとかいないとか。日本で飲むと高いですがとても美味しいアジア代表。

【身近なビール(キリンラガー)との比較】少しだけ甘みを感じるが、違和感なく飲める。とても美味しい。

【飲みながら聴きたい音楽】GOMA

【飲むのにピッタリな場所・シチュエーションメコン川チャオプラヤ川近く。または屋台。

お題「好きなビール」

2杯目【IPA100】

お酒

f:id:kumabeer:20170305204705j:image

 

【生産国】イングランド

【購入場所】近所にある酒屋

【価格】¥700

【種類】IPA

【総評】IBU100+という苦い奴。そもそもIBU(国際苦味単位)ってなんなんだよって思ったけど、どうやらホップの使用量や煮込んでる時間が長ければ数値が高くなるとの事。数値=苦味となりやすいが、甘みが強くてIBUが高い物は苦くない場合もあるんだって。要は人それぞれ。ちなみにこのビールマジ苦い。けど美味い。

【身近なビール(インドの青鬼)との比較】甘みや最近のIPAに多い柑橘系の香りなどは一切無し。そして苦い。コーヒーの代わりに朝飲んでみても良いんじゃないかしら。

本来の意味でIPAぽさは強い。

【飲みながら聴きたい音楽】Sleaford Mods

【飲むのにピッタリな場所・シチュエーション】失恋した日に傷心で向かう夜の浜辺

 

お題「好きなビール」

1杯目【フランジスカーナーヴァイツェン】

お酒

f:id:kumabeer:20170305204612j:image

 

【生産国】ドイツ

【購入場所】成城石井

【価格】¥540

【種類】Weizen

【総評】あくまで我々の意見だが、ヴァイツェンでは断トツに美味しくて好き。問答無用の小麦のビール。ちなみにユーロ圏内だと安めのスーパーで500mlで約2ユーロとか爆安で買えた。日本は関税が高い国なのだ!!冷やし過ぎると香りが飛ぶので常温で飲みたい。新宿でタップが飲めるが¥1000超えてしまう。給料日後に行こう!

【身近なビール(水曜日のネコ)との比較】バナナみたいな、とっても良い香り。やっぱり本場、美味いなと思う。あんなに美味しい水曜日のネコがあっさりさっぱりに感じるくらい濃くてフローラル。

【飲みながら聴きたい音楽】DJ Harvey

【飲むのにピッタリな場所・シチュエーション】ソファの上

 

お題「好きなビール」

高円寺麦酒工房

お酒

初めて行ったのは2年前くらいだろうか。

高円寺なら気合で歩いて行ける距離なので季節に一回くらい行く。

いらない洋服バックパックに詰め込んで古着屋に持ってくとビール2杯くらいにはなるので断捨離をするとここに行く。

かなり小さな醸造所兼酒場。

アメリカにはホームブリュワリーという自分の家でビールを作って楽しめるらしい。

そんな話はよく聞いたことがあるけどこのお店もそんな感じ。

1号はIPAが好きで2号はクリームが好き。

季節でビールのレシピが違ってくるので面白い。

ちなみにこの日は柚子のエールが作られていて柑橘系とビールの組み合わせはどうしてこんなにも素敵なんだろう。

1杯500円前後で飲み終わったらカウンターに空きグラスを持っていき次のオーダーをする仕組み。

お会計は最後にまとめてで多分カードは使えない。

おつまみも美味しそうなんだけど、基本ビール3、4杯飲んで二人で4000円ちょっとって感じ。

値段も割りと手頃だし中央線沿いに系列店が何店舗かあるよう。

クリームとかはあった気がするけど個別にレシピは違ったはず。

荻窪は落ち着いた感じで、中野は海外のゲストハウスの二段ベッドみたいな席もあってドミトリーみたいな感じだった気がする。

どのお店も美味しいんだけど高円寺が1番行く気がする。

 

f:id:kumabeer:20170207080415j:image

 

お題「好きなビール」