TReC

ロジャーと言えばミレット。海賊王ではない。

Mikkeller Beer Celebration Tokyo ミッケラービールセレブレーション

お久しぶりでございます。

北の大地で1ヶ月以上のバーベキュー生活から東京に戻ったのも束の間、西日本を周っていたなんて、お釈迦様にも分かるまい。

この3ヶ月で北海道と沖縄以外を弾丸で旅をしておりまっした!

さぁ今度こそ、いよいよ東京で落ち着こうかと思った矢先にMikkeller Beer Celebration Tokyoこんな化け物みたいな企画が。

日本では馴染みはないが(一部はとても有名)、世界レベルのクラフトビールが飲み放題で、一番安いチケットは40ブリュワリー80種類のビールで12500円とは安いじゃないか!

まぁ我々は2人なんで、25000円か。

それにしても、たけーーーー!サマソニ行けんじゃん!たかがビール飲みに行くのにこの値段ってのはね。やっぱキツイのよ。

日本はクラフトビールがブームになっているのは間違いないが、まだまだ金持ち向けな感じがしてならないぜ。

まぁ、これは我々が圧倒的に所得税が低い貧乏人なのが原因なのだけれど。

多分、チケットについて来るグラスは100mlとかそこらへんのはず。

80種類飲むとすれば8リットルか。

そんな飲めるのだろうか、12500円は安いように思えて、その実、最後の方は味も思い出せないくらいにベロベロになる。

金が無い奴が、嗜好品を嗜むのは本当に肩身が狭いぜ。

25000円は払えないので、明日はミッケラーですら見つけられなかった、世界中から持ち帰ったクラフトビールを公園なんかに持って行って、ピクニックでもしようと思う。

苦虫を噛み潰したような顔をしながら、明日のフェスに行く人を見送るよ。

あ、あと最近気になるブリュワリーがありまして。

発布古丹(漢字が自信ない。ホップ古丹と読む)という、元志賀高原だか、うしとら出身の凄腕醸造家が北海道で始めたレーベルらしい。偶然岡山で飲んだんだけどバカ美味いぜ!

おまたせIPAってのがやたらと良かった。

で、図鑑。もう少ししたら書きまっす。

遊んでばっかでね。いい歳してどうなんだって感じだけど、まぁ良いよね。

クラフトビールもたくさん飲んでんだけど、旅で手に入れた焼酎や日本酒がヤバい。やっぱ日本人は日本の水で作られたものじゃないとね。

クラフトビール図鑑282杯目【龍泉啤酒】

f:id:kumabeer:20180523080436j:image

【生産国】台湾
【購入場所】台北のスーパー
【価格】200円しない
【種類】Lager
【総評】まず、クラフトではない。いっつも台湾ビールばっかだったけど、たまにはこっちもってことで飲んでみるとおいしい。少し甘めだけどかなり飲み口がよく非常に良いんじゃないでしょうか。しっかりホッピーでアジア圏の正統派ラガーって感じ。
【身近なビール(キリンラガー)との比較】近い、パッケージも近い。けどやっぱ甘いかな。
【飲みながら聴きたい音楽】Tokyo Zawinul Bach
【飲むのにピッタリな場所・シチュエーション】少しだけいいホテル。
お題「好きなビール」

クラフトビール図鑑281杯目【MEANTIME LONDON PALE ALE】

f:id:kumabeer:20180523080537j:image

【生産国】イギリス
【購入場所】台東のスーパー
【価格】200円くらい
【種類】Pale Ale
【総評】うーーーーーん、なんか超微妙。やたらと甘いし、口の中切っちゃったのかと勘違いしそうなくらいに鉄の味がした。
【身近なビール(新よなよなエール)との比較】迷わずよなエー一択。
【飲みながら聴きたい音楽】音楽くらいは素敵なものを。スペシャルズとか良いね。
【飲むのにピッタリな場所・シチュエーション】違うビールでもいいかもよ。
お題「好きなビール」

クラフトビール図鑑280杯目【OLD MOUT CIDER】

f:id:kumabeer:20180523082819j:image

【生産国】アイルランドだったかな
【購入場所】ベルファストのテスコ
【価格】€3以上
【種類】サイダー
【総評】クラフトビールではなくサイダーです。やっぱしアイルランドやイギリスでサイダーと言えばリンゴや洋なしなのですが、これはライムとキウイといった柑橘系で攻めてきているサイダー。ライムやキウイ自体はクラフトビールによく使われるホップでもおなじみにフレーバーなので、当然のように炭酸と酒に合わないわけもなく、適度に酸味があるジューシーなサイダーで非常においしい。最近はいろいろなサイダーが出てきているので非常におもしろい。
【身近なビール()との比較】比較対象なし。
【飲みながら聴きたい音楽】初めて聞いたけどアイドルだねぇ。
【飲むのにピッタリな場所・シチュエーション】明るい夕方に
お題「好きなビール」

クラフトビール図鑑279杯目【PINK IPA】

f:id:kumabeer:20180523082848j:image

【生産国】スコットランド
【購入場所】ベルファストのテスコかな
【価格】€3くらい
【種類】IPA
【総評】毎年3月8日にあるIWDの為に作られたビール。といっても中身はPUNKIPAなんだけどね。BEER FOR GIRLSってのが笑った。IWDは我々あまり興味ないんでよくわかりませんが、プラカード持って行進している女の人は確かにヨーロッパで多く見た。ブリュードッグはこのビール作って金儲けだとか言われて大変だなと思った。イベントなんだから楽しめばいいのに。
【身近なビール()との比較】中身はPUNK IPAです。
【飲みながら聴きたい音楽】We Ride
【飲むのにピッタリな場所・シチュエーション】女の子と一緒に飲もう!
お題「好きなビール」

クラフトビール図鑑278杯目【ダブルブリューラガー】

f:id:kumabeer:20180523082918j:image
【生産国】スウェーデン
【購入場所】ベルファストのリドルだったかな。テスコかも。
【価格】€3しない
【種類】Pale Lager
【総評】まずデザインが可愛い。旅の途中じゃなければ持ち帰っていたところ。結構ホッピーな感じとみせかけて最後に来るのはチェコクラスの甘めなラガー。意外とですが飯には合いました。
【身近なビール()との比較】ラガーだけどヨーロッパ過ぎるので比較対象なし。
【飲みながら聴きたい音楽】サタニックサファーズ!!!!
【飲むのにピッタリな場所・シチュエーション】野菜多めの塩味ベースのパスタが合うよ。キャベツとか甘い野菜。
お題「好きなビール」