TREC

ロジャーと言えばミレット。海賊王ではない。

【ぽんこつレシピ】6品目:ワインの産地とスリランカカレー

いよいよ冬でもうそろそろ羽毛布団の上にもう一枚布団を敷いて最強装備にしたい今日この頃。

クラフトビールは記録するくらい大好き。

大好きだけど実を言うと毎日飲んでるのは焼酎とかワイン。

これからだと熱燗なんて選択肢も増えてくる。

焼酎や日本酒は浴びるほど飲んだおかげで自分の好みは大体把握している。

 

問題はワインだ。

 

こればっかしは難しい。

何を飲んでも大体美味しいと思えてしまう。

贅沢な問題抱えちまった。

 

ルームシェアしていたアルゼンチン人の友達がいる。

出会った時はソムリエの勉強をしていて、

今アルゼンチンのどこかでソムリエとして働いている。

アルゼンチン料理やフランジスカーナーってビールを教えてもらったりした。

当時はALDIってスーパーで500ミリが2ユーロしないで売られていて最高だった。

本当に色々教えてくれた、もちろんワインも。

土作りの話とか品種の話とかワイングラスの磨き方とか。

内容も専門用語も英語だし難しくて正直身になっていない。

唯一覚えていることがワインの世代の話だ。

ずーっと昔からワインを造っている伝統的エリアがオールドスクールでその後に造り始めたニュースクールがあるって事。

オールドスクールにニュースクール?

なんかハードコアとかヒップホップみたいで面白い話じゃないか!

イメージで言うとオールドスクールがこんな感じ。

ニュースクールがこんな感じ。

 

要はどっちもベテランで最高って事らしい。

SxEバンドでワインを例えている時点で俺はきっと天国にはいけない。

けど、どっちも好きだから仕方ないぜ。

 

今となってはどちらも歴史はあって線引きはよく分からない。

とりあえず下に書いてある枠内の土地であるとワイン作りが非常に適していると教えてもらった事を覚えている。

アメリカはエリア的にオールドスクールにまとめられたのか歴史的になのかは不明。

全く知識が無いときにグルジアのワインや南アフリカのワインを勧められたときも見事に美味しくて、下のエリアにどちらもばっちり入っていた。

f:id:kumabeer:20171118103322j:plain

それからはこの地図を参考にしながらワインを買おうと思ったら大体この地図どおりの産地でしかワインは作られていないので結局堂々巡り。
 
俺が好きなのはリオハのワイン。
味も美味しいんだけど、それよりも素敵な思い出がたくさんあるからっていう完全に思い入れからくるもの。
 
美味しいワインあれば誰か教えてください。
 
そういやカレーとワインは合うって言ってたな。
 
今日のレシピ
スリランカカレー】

材料はこんな感じ。 

f:id:kumabeer:20170901112631j:image

とりむね肉 好きなだけ(写真は200グラムくらい)
なす でかいの1つ
にんじん でかいの1つ
おくら 1袋
玉ねぎ(乱切りと細かく切った2種類) 3個
にんにく 2かけ
 
クミン 小さじ1
シナモン 小さじ1/2
★カルダモン 小さじ1/2
カレーリーフ 4枚くらい
レモングラス 3センチくらい3本
クローブ 少々
スクリューパイン 小さじ1/3
チキンマサラ 小さじ1
ターメリック 小さじ1/2
オーリブオイル フライパン2周半
塩こしょう 好みで
白ワイン 好みで
 
作り方
  1. 野菜は洗おう!
  2. 野菜を食べやすい感じに切ろう!
  3. 肉も切っておくと後で楽だよ!
  4. フライパンにオーリブオイルをいれて★をぶち込んで弱火に
  5. やたらと良い香りになったらオリーブオイルからざるなど使って★を取り出す
  6. ★は用済みなので捨てる。食べようと思えばいけるがかなりエグイ
  7. 残ったオリーブオイルをフライパンに戻し、にんにくと残りの調味料を入れて弱火
  8. にんにくとクミンがもっと良い香りを出すので肉を投入して中火で炒める
  9. 肉の赤身が消えたら玉ねぎ(乱切り)も入れて塩こしょうを振って炒める
  10. 玉ねぎがしんなりしてきたらナスとにんじんと玉ねぎ(細かい)も入れて更に炒める
  11. 良い感じになったら良い具合の白ワインぶっこんで豪快に炒める
  12. 水を500ミリ投入しておくらも入れる
  13. 中火で15分煮込む
  14. 出来上がりはサラッとした物になるつもりで作っているので、この時点で水が少なきゃ足して多ければ水気を飛ばす
  15. きっと少し味が薄いはずなので、とりあえず味見して整える
  16. 弱火で好きなだけ煮込んで完成

f:id:kumabeer:20170901112655j:image

 

 ワインにあうよ!

【ぽんこつ映画祭】第41作 ハイ・ストラング

今日の1本(推薦者/1号)

 

1号の評価

【70/100】

いーねーこういうの。ただただ音楽と音楽と音楽にダンスって感じで。

超楽しく観れたけど、入国管理局のシーンはマジでいらなかった。

 

2号の評価

【61/100】

予想を裏切って楽しかった。

音楽とダンスと未来ある学生のコラボは鉄板なのではないか、と最近思う。

  

【鑑賞にばっちしなビール】

 楽しく飲もう! 

kumabeer.hatenablog.com

 

【総評】

オーケストラほどの感動は無かったけど音楽主体の映画は外れが少ない。

クラフトビール図鑑148杯目【新・よなよなエール】

f:id:kumabeer:20171108205418j:image

【生産国】日本

【購入場所】サミット

【価格】¥250くらい

【種類】ペールエール

【総評】もう本当どこでも買えるねよなよなエール。こんだけメジャーになってるからクラフトビールとかの規模でもないと思った。そして超おいしくなった。正直昔のは初めて飲んだ日から右肩下がりだったけどこれは美味しい。この値段でこの味だと箱で買おうかな。

【身近なビール(旧よなよなエール)との比較】全然味が違う。シェラネバダとかの野菜感(勝手に命名している)が強いペールエールになった。最近のエクストリーム系に寄ってきてる感じがする。リニューアルが大成功した杞憂な例。他に見渡してもこの間でたTenfootpoleの再録ベストくらいしか思い浮かばない。

【飲みながら聴きたい音楽】Ten foot pole

【飲むのにピッタリな場所・シチュエーション】畑帰り

お題「好きなビール」

FlixbusでUnknown errorが出てしまった時の対処法。【ヨーロッパ旅行】【海外バス予約】

寒い。

寒いし夫婦そろって酒ばっか飲んで楽しくしてるんだけど何か足りない。

足りないなら補えば良いんだって話だけど、金は無い。時間はたくさんある。

 

 

金がなくて時間があるなら選択肢は1つ。

真冬のヨーロッパ。

思い出しただけでも寒い。

 

とりあえず今はメガバスとかいくらくらいかなーって調べてみると、聞いた事ないバス会社があった。

 

f:id:kumabeer:20171116100811p:plain

https://www.flixbus.com/

 

Flixbus

2013年に設立されたドイツのバス会社らしい。

ちょっと見てない間にこんな会社が。

ただ金額は懐かしいものがあり絶対ここでチケットを買いたい。

というか買った。

 

そんなFlixbusだが実はチケットを取る際にエラーがメッチャ出る。

というか今さっき出てやがった。

 

しかもPayボタンを押した後のエラーでメールも来ないから、取れてんだかどうかも最初は分からなかった。

当然だけど、この場合は請求もされないしチケットも取れていない。

 

懐かしいぜこの感じ。

 

いつもヨーロッパでは泣かされてた。

当時はチケットをプリントアウトして持ってかなきゃダメで(たぶん今も)

チケット買うためにインターネットカフェに良く行ったものだ。

しかしこのクレカ問題でチケットが買えない事がしばしばあった。

 

こっちゃ明日出かけてぇんだよ畜生って思いながら色んなカード使って、ようやく買えたチケットを急いで印刷したらカラーで出しちゃって余計な出費になっちゃたりね。

 

話がそれた。

 

ダメだった原因としてよく言われてるのが

  • カードの種類がダメ(Master≧VISAの謎の図式)
  • フリーメールだからダメ
  • 名前の入力が小文字だったから

こんなところか。

理由は分からないけど結局ダメなときは何やってもダメ。

次やれば大丈夫!!

なんて気持ちで同じカードで複数回エラーを起こすとカード自体が拒否されるらしい。

とにかく面倒くさい。

 

あきらめてバス停で直接買うという方法がある。

あるんだけど少し高い。

もちろん列車や飛行機より安いんだが高い。

なので、どうしてもネットでチケットが買いたいのだ。

 

どうすればいいのか……

我々レベル(ドラキーレベル)の元バックパッカーからすれば楽勝。(実際は辛勝)

 

Flixbusのメンバーに登録してPaypalからクレジットカード決済にしてしまえばいいのだ!!!

 

なんて簡単なんだろう。

一度登録してしまえばその後はログインしてポチッとすればいつでも一発で買えるのだ!(今のところ)

やりかたは超簡単。

 

1, Flixbusメンバーになろう!

とりあえずFlixbusのトップページを開く。

赤く囲ったLoginを押す。

f:id:kumabeer:20171116091302j:plain

 

 

次も下の画像の赤で囲ったサインアップを押して名前やメールアドレスを入れる。

アドレスは何でも良いと思う。

我々はGmailで何の問題も無かった。

 

f:id:kumabeer:20171116091306j:plain

 

入力が終わるとFlixbusからメールが届いているんで、添付してあるURLをクリックして本登録をする。

ここまで書いておいてアレだが、ここまでの工程はやってもやらなくても良い。

 

我々はたくさんバスに乗る気がしたので今後も素早く買うために登録をした。

1回しか買わない人は登録しなくてもいいんじゃない?たぶん。

  

2, Paypalを選ぼう!

エラーになる理由は色々あって正直分からない。

ただ何となく言えるのはヨーロッパのサイトで買物をするとき銘柄問わず日本のクレカはエラーがおきやすいということだ。

これが何故なのかは分からない。

我々のような超低所得でも持ててしまうような年会費無料のクレカだとう事がバレてしまっているのかもしれない。

そんな時はクレカではなく下の画像の赤く囲ったPaypalを選択する。

選択した後にProccedを押して支払い画面に進む。

 

f:id:kumabeer:20171116091309j:plain

 

3, Paypalからクレカ決済をしよう!

Proccedを押すと最終確認の画面になるので、

金額・行き先・時間が合っているのを確認し、支払いボタンを押す。

するとPaypalのウィンドウがでてくるのでアドレス、名前、クレカで登録している住所とクレカ情報を入力してPaypalアカウントをその場で作成する。

入力が完了したら言われたとおりに進んでいくだけなので、何時の間にかチケットが買える。

 

Flixbusにログインした状態でここまでやるとPaypal情報もユーザー情報内へ自動的に記録されるので次回以降はクリック1つでチケットが買えるのだ。

 

なんて簡単なんだろう、昔もきっとあったんだろうけど知らなかった。

知ってたら苦労しなかったなー。

クラフトビール図鑑147杯目【ドス・エキスXX】

f:id:kumabeer:20170816100838j:image

【生産国】メキシコ

【購入場所】仙台のドンキホーテ

【価格】たしか¥100(SALE)

【種類】Amber

【総評】中米っぽい!ていうか暑い国はたまにこういう黒系のビールを作る。そして例に漏れず少し甘いんだけど少し苦い。飯は選ぶけどたまに飲みたくなる。

【身近なビール()との比較】比較対象なしだけど、アサヒやサッポロからでている黒(スタウトではない)に近い気がする。

【飲みながら聴きたい音楽】The XX

【飲むのにピッタリな場所・シチュエーション】疲れ果ててビジネスホテルで。

お題「好きなビール」

クラフトビール図鑑146杯目【仙台づくり】

f:id:kumabeer:20170816101223j:image

【生産国】東北地方

【購入場所】仙台駅

【価格】¥250くらい

【種類】Lager

【総評】寒立馬に会いに行ったときだから記憶もないぜ。けど最高に美味しかったよ。

【身近なビール(一番絞り)との比較】甲乙付けがたし!

【飲みながら聴きたい音楽】BREAK OF CHAIN

【飲むのにピッタリな場所・シチュエーション】牛タンが食べたい。

お題「好きなビール」

クラフトビール図鑑145杯目【ネルソン・ソーヴィンの真髄】

f:id:kumabeer:20171015085930j:image

【生産国】日本

【購入場所】ファミマ

【価格】¥300くらい

【種類】フレーバーホップ?

【総評】たしかにソーヴィニヨンと同じでとっても良い香りがする。凄いね葡萄じゃなくてホップなんでしょこれ?味は実は普通。

【身近なビール()との比較】比較対象なし

【飲みながら聴きたい音楽】ネルソン

【飲むのにピッタリな場所・シチュエーション】風呂上り

お題「好きなビール」