TReC

ロジャーと言えばミレット。海賊王ではない。

クラフトビール図鑑362杯目【和らぎ】

f:id:kumabeer:20181209113702j:image
【生産国】日本
【購入場所】倉敷のとこ
【価格】¥1300(3種)
【種類】PaleAle
【総評】ほっぷこたんのエール。おまたせIPAやラガーが美味しいので期待をしていましたが、こちらは少し中途半端に感じる。イングリッシュペールエールライクな味わいで、ビスキーなモルトの香りや草感もあるんだけど、日本感のエール感もある(少し甘めな)飲み終わると英国のエールよりも軽い感じがして結局あっさりだと思った。なんだろう、すごくイングリッシュエールに近い気がするんだけど少し違う。違う理由は間違いなく北海道って事だとおもうんだけど。個人的にイングリッシュスタイル好きなので、何故あの味なんだろうと考えると降ったり止んだりのあの天気で作られる麦とかホップが良いような気がする。けど、イギリスって霧ばっかの割に総雨量だと日本より全然少ないんだよね。バランス良すぎて美味しいけど何じゃこりゃとはなりませんでっした。
【身近なビール(よなよなエール)との比較】もっともったりとしていて、深みのある味わい。もったりっていうかこってり。ボリュームがある。

【飲みながら聴きたい音楽】SOME CHICKEN
【飲むのにピッタリな場所・シチュエーション】北海道へいこう!

クラフトビール図鑑361杯目【ホップ・フィクション】

f:id:kumabeer:20190112105806j:image

【生産国】スコットランド
【購入場所】信濃屋?
【価格】¥400
【種類】APA
【総評】松や草感を多少感じるけど、それ以上にグレープフルーツ。結構おいしいんだけど、つかみどころがあまり無く飲み終わるともう終わっちゃったんだって感じ。軽くて飲みやすくてホッピーなのは確かなんですがね。これもシングルホップなのかな?クリスマスのやつのほうが美味しかった。
【身近なビール()との比較】比較対象なし
【飲みながら聴きたい音楽】Negro Terror ベースが軽やか過ぎんだよな。弾いてるんだよね。これ。
【飲むのにピッタリな場所・シチュエーション】1杯目にすればよかった。

最近はTwitterもやっているので登録よろしくお願いしまっす!

クラフトビール図鑑360杯目【ボスざるIPA】

f:id:kumabeer:20190119145023j:image

【生産国】日本
【購入場所】信濃屋かな
【価格】¥400くらいだっけ?
【種類】ブラックIPA
【総評】ブラックIPAってあんま飲まないんだけど、こんな感じだっけ?非常に美味しい。スタウトのロースト感とIPAのホッピーの良いところが上手いこといってる。最近のクラフトビールのスタウトは後味がこだわりまくってるって感じがして、実は苦手。これはスイスイ飲めるってのが最高。コーヒー好きだけど、ビール嫌いな人には是非とも飲んでもらいたい。いけるんじゃない?これ。
【身近なビール()との比較】比較対象なし
【飲みながら聴きたい音楽】ブルーハーブの方が好きだけど、ボスって名前のビールだしね。


【飲むのにピッタリな場所・シチュエーション】呑気な気分で。意外とチョコとは相性が微妙だった。

最近はTwitterもやっているので登録よろしくお願いしまっす!

クラフトビール図鑑359杯目【青島ビール(台湾醸造)】

f:id:kumabeer:20180523080348j:image

【生産国】台湾
【購入場所】台湾の大き目なスーパー
【価格】¥150円くらいだったかな
【種類】Lager
【総評】クラフトでも何でもありませんが、美味しい。通常の青島とはパッケージも違うし、何より台湾で作られているので味も少し違う。まぁほとんど一緒なんだけど、台湾向けというか、モルト感が薄い。青島はキレもあり、モルトも感じられるビールってイメージなんだけど、これは台湾クラシックと中国の青島の間位。台湾のビールをほんの少しボディのあるビールが飲みたいって時に最適。かゆい所に手が届くという感じ。決して中途半端ではない。
【身近なビール(キリンラガー)との比較】似てるよね、けどやっぱ全然薄く感じるかな、台湾青島。
【飲みながら聴きたい音楽】masacre68
【飲むのにピッタリな場所・シチュエーション】胡椒餅、小エビのから揚げなど最高。

最近はTwitterもやっているので登録よろしくお願いしまっす!

クラフトビール図鑑358杯目【ビースト・フロム・ザ・イースト】

f:id:kumabeer:20190118124520j:image

【生産国】イギリス
【購入場所】横須賀の酒屋
【価格】¥700はしなかった
【種類】トリプルIPA
【総評】11%のトリプルIPA......本当バカなんじゃないの?こんなにアルコール高くしてさ。10%超えるんならワインとか日本酒だけにして欲しいぜ、ビールってのは一気に気持ちよく飲みたいんだよこっちは。とか文句言おうと思ったのにスルスル飲めてしまうこの恐怖。マンゴーやパッションフルーツ、樽に漬け込まれたようなベリーや松などがドッカンドッカン香る。苦みよりも甘みって感じのカラメリゼなこの感じは、ホッピーではなくビターっていう方が的確なんだってさ。ほんの少し酸味があり、その後のアルコールの攻撃がヤバイ。ちなみにノルウェーのブルワリーとのダブルネームで、由来は不明。俺的にホップやモルトが勢い良く侵攻してくる感じから、一昨年にアイルランドとイギリスを襲った大寒波のBeast from the eastだと思う。恐ろしさは同じくらいだけど、こっちは被害は体内だけだし、何よりも美味しいよ!
【身近なビール()との比較】比較対象なし
【飲みながら聴きたい音楽】ロストボーイズにするかドッケン笑にするか


【飲むのにピッタリな場所・シチュエーション】寒い日に飲んで正解だった。夏だったら死んでいたと思う。

最近はTwitterもやっているので登録よろしくお願いしまっす!

クラフトビール図鑑357杯目【オーチャード・ズィーブス】

f:id:kumabeer:20180523082556j:image

【生産国】アイルランド(工場はイギリス)
【購入場所】ダブリンのスーパー
【価格】€3.00くらいだったかな
【種類】Cider
【総評】クラフトでもないし、ビールですらない。すまん。けど、これ結構おいしいんだよね。我々が住んでいた頃は無かった気がするんだけど、去年アイルランド行ったら若い子中心にめっちゃ飲んでて気になり購入。ブルマーズ、マグナーズという大御所に続けという感じで、勢いのあるサイダー。リンゴ感は大御所に負けているけど、炭酸強めでキレが良く非常に飲みやすい。美味しいね!直訳すると果樹園泥棒って感じなのかな?キツネの事みたいだけど、アイルランドでキツネなんて俺は見たことが無い。ちなみにハイネケンが親会社でっす。
【身近なビール()との比較】比較対象なし
【飲みながら聴きたい音楽】ミレンコリンにしときましょう!
【飲むのにピッタリな場所・シチュエーション】パブでタップのが美味しかった!

最近はTwitterもやっているので登録よろしくお願いしまっす!

クラフトビール図鑑356杯目【Wywar Peter】

f:id:kumabeer:20181127141157j:plain

【生産国】スロバキア
【購入場所】クラフトビアギャラリー
【価格】€2.60
【種類】IPA
【総評】ちょっと甘いのが続いていたスロバキアクラフトビールの中では、非常にキレが良くホッピーでジューシーなIPAで驚いた。タンジェリンやマンゴーかな。そんな所を強く感じ、炭酸は普通か少し強めで俺は好き。ホッピーだけど苦くはない。なによりも安い。この時点で最高過ぎる。
【身近なビール(インドの青鬼)との比較】苦さはないものの、ホッピーさ、ジューシーさはこちらが上。
【飲みながら聴きたい音楽】名曲ってのいうのこういう事だよね
【飲むのにピッタリな場所・シチュエーション】寒い日に暖かい部屋で